(´・ω・`)「夏休みだし一人で近場を旅するか」

  
1:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)19:53:32 ID:6Wu
201X年8月6日。
西洋大学経済学部、2年生の僕は夏休みを持て余していた。
(´・ω・`)「いやー、マジで暇だなぁ」
クーラーがガンガンに効いた自室でyoutubeを閲覧するのにももう飽き飽きしてきた。

2:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)19:55:12 ID:5pl
とりあえず続けろ

5:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:00:31 ID:6Wu
大学に通うために群馬から出てきて、今は東京都江戸川区葛西にある家賃5万円のアパートに親からの仕送りで暮らしている。
夏休みに入ってから、サークルにも入ってなくて、コミュ症気味な僕はとにかく暇だった。
バイトでもすればいいんだろうけど、大学1年の頃に葛西駅近くのエイトイレブンでバイトしていた時、フリーターのDQNに仕事覚えの悪さをなじられたのが軽いトラウマでやる気も起きなかった。
『ミーンミンミン』
アパートの外からは蝉の鳴き声が絶えず聞こえてくる。
ふと、窓の外を見上げた。

何だか、ふと外へ出なくちゃと思った。
毎年毎年、僕は夏にアニメのような出会いを夢想して、現実ではそのほとんどの時間を自室のパソコンの前で過ごしてきた。
なんだか、このままではこんな人生が中年のオヤジになるまで永遠と続く予感がしたんだ。

11:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:10:33 ID:6Wu
(´・ω・`)「夏休みか」
夏休みは9月末まで。
今からまるまる2ヶ月も休みが続く。
(´・ω・`)「どうせだし適当に旅でも出てみるか!」
僕は昔から基本引きこもりがちだが、たまに思いつきでのぞの行動力を発揮する節がある。
こんかも、まさにそれだった。
僕はこの間錦糸町で買ったoutdoorのリュックに適当に着替えを詰め込むと財布とスマホと充電器だけ持って家を出た。

13:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:11:32 ID:xsu
18切符で遠出しようず

14:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:11:52 ID:0jF
小説なのか実録なのか…

16:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:14:18 ID:6Wu
(´・ω・`)「にしても、取り敢えず金がいるな」
僕はとれあえず駅前のエイトイレブンで金をおろす事にした。
普段は基本金を使わないので、幸いな事にエイトイレブンでバイトしていた頃の貯金が30万ほどある。

僕は取り敢えず3万円を引き出すと、レジでやみつき取りを買った。

17:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:15:07 ID:5pl
東洋大学か
今気づいたわ

19:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:24:01 ID:6Wu

葛西駅。
まぁ、何の変哲もない駅前だ。
今のアパートで暮らしてなけりゃ、この駅で降りる事は生涯なかったかもしれない。
僕はPASMOに取り敢えず5000円チャージした。
ここで最初の問題にぶち当たった。
(´・ω・`)「さて、浦安に行くか、大手町方面に行くか」
僕は迷ったが、浦安方面へは西船のろろぽーとやEKEAに何度か行った事があった。
(´・ω・`)「取り敢えず都心の方に行くかな」

21:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:25:28 ID:LXn
新しい形の旅スレだな
支援

23:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:28:04 ID:6Wu
※旅スレではありません

24:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:28:19 ID:xsu
えっ

27:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:30:00 ID:QPy
いったい何スレなんだ…

30:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:33:29 ID:0jF
ひょっとして今文章を考えてるのか?

31:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:35:08 ID:6Wu
(´・ω・`)「うーん……」
僕は電車に乗りながら思案していた。
(´・ω・`)「うーん」
僕が悩んでいても、そんなことは気にせず東京メトロ東西線走り続ける。
……当たり前だけど。

32:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:37:46 ID:vcr
都内電車の旅

33:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:38:22 ID:QPy
今んとこ旅スレ

34:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:40:19 ID:6Wu
(´・ω・`)「こういう時は取り敢えずスレ立てるか」
群馬生まれの、ネット育ち。
両親よりも2ちゃんねら~からの方が人格形成に多大な影響を受けたと自負している。
僕はおーぷんvipに取り敢えずスレを立てる事にした。

(※日時はご愛嬌。201X年8月6日午前10:30頃)

36:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:41:16 ID:QPy
荒らし来て終わりそうなスレ立てやがって…

37:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:41:47 ID:6Wu




38:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:44:03 ID:5pl
2ちゃんに教育されたとかとんでもない人格になりそうだな

42:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:01:02 ID:QPy
>>38
ネオ麦茶の再来か

39:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:45:23 ID:6Wu
(´・ω・`)「ま、既に大手町方面だから、宮城とかないわ」
(´・ω・`)「群馬もそもそも出身だしw」
僕はおーぷんvipのコメントを見て、神奈川県に行く事に決めた。
イメージ的にも、江ノ島や鎌倉はアニメの題材にも良くなってるし、夏っぽいイメージがある。
そもそも、神奈川に行くのは昔から家族と横浜の中華街に行った事と、中学生の頃学校行事で鎌倉に行った事くらいだった。

40:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:50:42 ID:iIc
ワロタ
適当に言ったのに

41:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)20:51:34 ID:6QH
友達いないの

43:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:01:12 ID:6Wu

大手町駅。
要するに東京駅の事だけど、地下鉄の駅名は大手町だ。
受験の帰りにせっかくだからと東京駅周辺をぶらついてるけど、とにかくこの周辺はリアルRPGのダンジョンだ。
標識が無ければ確実に迷子になってる事な間違いない。
(´・ω・`)「取り敢えずJRに乗るかな」
僕は地下通路を歩いてJR東京駅の改札口へと向かった。

47:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:10:08 ID:iIc
天気もいいし実際に行ってみてよ

48:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:12:45 ID:6Wu
この時、僕はワクワクしていた。
休みはまだまだ、続く。
まだ見ぬ街やその人々が待っている。
金もそれなりにあるし、ネカフェやカラオケで寝れば2~3週間は旅を続けられるかもしれない。
でも、この時の僕はまだ知らなかった。
この度は、決して楽しい旅になんてならないんだって事。

49:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:13:44 ID:5pl
超展開にしようとしてる?

50:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:14:56 ID:QPy
怪しい雰囲気

51:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:26:56 ID:6Wu

僕は山手線に乗っていた。
龍は簡単だ。
(´・ω・`)「山手線てなんかやたら有名だよな」
と言うだけの理由で、要するになんとなくだ。
ちなみに、僕が山手線がただひたすらにぐるぐると円を描いて走り続けていることを知ったのはこの後のことだ…。

52:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:34:10 ID:6Wu
神奈川県に行くのを決めたのはいいが、この後に及んで僕はノープランだった。
まぁ、取り敢えず適当に乗ってれば神奈川に着くだろう!
という、謎の自信があった。
それにそもそも、神奈川につかなくても良かった。
自分の知らない街で、夜寝る場所に困らない程度には発展してる場所ならどこでも良かった。
『次は~新宿~~新宿~~』
(´・ω・`)!!
車内アナウンスに僕はピンときた。
何となく新宿で降りようと決めた。
(´・ω・`)(龍が如くって確か新宿の話だったよなぁ)

53:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:39:19 ID:LXn
四国は電車だとほとんど一本道だからノープランでもあんまり問題なかったな

54:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:41:13 ID:5pl
山手線グルグルは二周で飽きる

55:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:43:55 ID:6Wu
ガヤガヤドヤガヤ

(´・ω・`;)「な、なんだこの人混みは!」
東西線の地獄満員車両である程度鍛えられているはずの僕だが、それでもやはり新宿の人混みは尋常じゃなかった。
なにせ左右前後とあらゆる方向へ人が縦横無尽に行き交ってる。
ドンッ
(´・ω・`;)「あいたっ!」
(´・ω・`)「な、なぜみんなこんな人混みでぶつからないで歩けるんだ!?」
僕の中での東京七不思議のうちの一つだ。

57:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:50:21 ID:6Wu
僕は人混みを掻き分けながら、なんとか改札の外へと出た。

(´・ω・`;)「うーん、着いたは良いけど、どこに行けば良いんだ?」
新宿と言えば歌舞伎町と言うのがあるのは知っている。
ホストとヤクザとキャバ嬢が住民の9割を占める場所だ(と、僕は半ば本気で思っていた)。
2丁目というゲイの聖地があるのも知っていた。
でも、僕が降り立ったここが、そもそも新宿のどの辺で、どの方面が歌舞伎町や2丁目なのかもわからなかった。
(´・ω・`;)ぐ~
(´・ω・`)「腹減ったな…」
僕は取り敢えず、メシを食う場所を探す事にした。

59:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:15:13 ID:6Wu
(´・ω・`;)「いや~それにしてもいろんな店があるな」

(´・ω・`:)「選択肢があり過ぎるってのも毒だな」
かれこれ1時間弱、僕は新宿の街を彷徨った。
だが、どの店も旨そうに見え、それでいてどの店も決め手を欠いた。
そんな疲れた僕の目に入ってきたのは…。

(´・ω・`:)「ゴーゴーカレー?」
鮮やかな黄色とゴリラの顔面だった。

60:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:22:00 ID:TGj
お、おう

61:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:26:30 ID:6Wu

(´・ω・`:)……
そこにあったのはカロリーと言う名の暴力だった。

62:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:38:23 ID:6Wu
(´・ω・`:)ウプ
ゴリラのカレーは美味かった。
美味かったがそれ以上に腹がいっぱいだった。
(´・ω・`:)「もう無理だ。動けねぇ」
(´・ω・`:)「それに暑くてもう動く気がしないよ」
都会のアスファルトが夏の日差しを照り返し、尋常じゃない暑さだった。
ヒートアイランドだっけ?
昔学校で習った気がする。
(´・ω・`:)「なんかクーラーの効いた個室でゆっくりしたいなぁ。スマホも充電したいし」
そんな僕の近くにカラオケボックスがあった。

(´・ω・`:)「あそこに行くか…」

63:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:40:27 ID:1m1
なんかこのまま神奈川行かずに東京でグルグルしそうやなww

64:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:51:08 ID:6Wu

カラオケの部屋は実にスタンダードだった。
僕はカラオケが好きだ。
カラオケといっても基本ヒトカラだ。
大学の同級飲み会に1年の初めの頃行ったが、緊張するわ周りの歌ってる曲が分からんはでいきなり周りから浮いた事を思い出す。
僕はあれから特訓のためにヒトカラでカラオケの腕(声?)を磨いた。
そうしてるうちに純粋にヒトカラが好きになった。
葛西の歌広場では、月に一度はフリータイムで夜通しアニソンを熱唱したりもする。
まぁ、その歌声が大学の飲み会で披露される事はあれから一度もないが…。

66:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:57:50 ID:6Wu
あの、ゲロの臭いにまみれた明け方のエレベーターも、今では愛着すら感じる。
それに比べれば、この部屋は随分と上等だ。
(´・ω・`:)「でも、今は歌うって気分じゃないな。取り敢えず休もう」
僕はカラオケルームのコンセントにスマホをつなげて充電すると、ソファーに横になった。
(´・ω・`)「ふぅ。快適だ」
(´・ω・`:)……
でもなんか、思ってたのと違う。
僕が思い描いていたのは、ドキドキするような、劇的な何かだ。
例えば、可愛いミステリアスな美少女と出会うとか。
(´・ω・`:)……
現実の旅って、ぱっとしねぇんだな……。

67:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)22:59:20 ID:QPy
そりゃ都会の中歩いてもぱっとしねぇさ

68:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:03:38 ID:6Wu
(´・ω・`)「あ、そう言えば」
これからどこに行けば良いのか。
午前中に立てたスレはどうなっているのか気になった。

(´・ω・`:)……
やはり、ネットの住民は冷酷だ。
僕は改めてネット社会の風当たりの強さを思い知ったのだった。

69:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:05:31 ID:TGj
普通に休日を都会で消費してるだけで草

71:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:14:36 ID:5pl
2週間もぶらつくのか
先は長いな

72:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:14:59 ID:6Wu
そもそもだ。
僕はコミュ障気味の輩だ。
実際、美少女と何かのきっかけで出会ったとして、そこから仲良くなる事なんて出来るのか?
(´・ω・`:)……
どうにも無理な気がした。
どうすればいい。
どうすれば僕はこの夏可愛い美少女と出会う事ができるんだ!?
(´・ω・`:)
僕はスマホに文字を入力した。
僕の出した結論は……

73:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:21:43 ID:6Wu
(´・ω・`:)「アプリで出会いねぇー。どうせ桜だろ」
(´・ω・`:)「有料のサイトはなんか違うしなぁ」
冷静に考えてそう言うのはなんか違う気がした。
こんな事言うのは何だけど、ヤりたいだけなら風俗に行けばいいし。
なんていうかこう、もっと運命的なものを感じたいのだ。
そうしてググってるウチに僕はあるサイトを見つけた。

(´・ω・`)「チャットパッド?」

74:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:24:27 ID:6Wu
出会い目的ではない。
ランダムで相手と話せる。
(´・ω・`)「無料みたいだし、取り敢えずやってみるか」
僕は興味本位でチャットパッドとやらをやってみる事にした。

75:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:28:41 ID:6Wu
(´・ω・`)「取り敢えず簡単に自己紹介してみたけとこれで良いのかな?」
むこうも挨拶を返してくれたが、いきなりどうリアクションを返せば良いのか分からなくなった。
(´・ω・`:)「結構チャットって難しいな」
内にそうこうしてらるウチに相手からメッセージがきた。
『男性ですか?』
このチャットは相手が誰なのか全くわからない。
年齢もそしてもちろん性別もだ。
(´・ω・`)「ここは嘘をついてもしょうがないし、正直に答えよう」

76:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:30:25 ID:YQw
マジでなにスレかわからんが支援

77:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:32:39 ID:6Wu
(´・ω・`)「さて、どんな返事がくるのかな?」
僕はソワソワしながら相手からの返信をまつ。
(´・ω・`)「あ、返事がきた」

(´・ω・`:)「『わー、きた!』!?」
(´・ω・`:)???
何が来たのか全くの謎だった。
僕は知らないウチにこのチャットの不文律を何か破ってしまったのだろうか。

78:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:35:12 ID:6Wu
『女です』
次のコメントにはそう書いてあった。
(´・ω・`:)「女…!」
正直に言う。
この時、僕はめっちゃテンションが上がった。
なんだかよくわ

80:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:36:18 ID:6Wu
なんだかよくわからんが。
もしかしたら。
もしかしたら……!

81:■忍法帖【Lv=16,ミイラおとこ,5Pt】2016/08/05(金)23:36:28 ID:Z3x
そういうのは信じないほうがいい
痛い目見た事ある

82:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:37:00 ID:6Wu

これ、千載一遇のチャンスじゃないのだろうか!?

83:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:39:43 ID:6Wu
(´・ω・`:)「これは逃しちゃダメなチャンスに違いない!」
それにしても、あいてはやたらに好感触だった。
ネットのチャットというのはこういうものなのだろうか?
今まで彼女ができた事のない僕だが、コレはイケるんじゃないのかという気がしてきた。ら

84:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:40:50 ID:6Wu

(´・ω・`:)「どストライクだと!?」

85:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:41:18 ID:5pl
怪しすぎるw

86:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:46:20 ID:6Wu
何をもってどストライクなのかはよくわからなかったが、とにかく僕は舞い上がった。
ウキウキしながら文字を打った。
話は弾んだ。

(´・ω・`:)「良かったって」
それってもう
(´・ω・`:)「僕に気があるって事じゃんかよ!」

88:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:53:16 ID:TGj
謎のどストライク・・・
こわすぎる

89:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)23:56:33 ID:6Wu
相手はやたらに積極的だった。
僕はもうノリノリだった。
相手は26歳の看護師らしい。
どうも、最近年上の彼氏と別れたらしいのだが、どうやらそれがいわゆる不倫らしかった。
相手の男は既婚だったのを隠して付き合っていて、奥さんがいるとバレ後も体の関係は続けた。
彼女は関係を清算したくて別れようとしてらしいが、その度に暴力までも振るわれたらしい。
童貞の僕には刺激の強すぎる話題だったが、僕の中の漢が囁いた。
『この女を幸せにするのはお前の仕事じゃないのか?』
(´・ω・`:)……
彼女はそんなこんなで、年上の男にはこりごりしており、年下の純粋そうな男に癒されたいという事だった。

90:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:01:38 ID:ZpK
あーあ..

91:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:04:52 ID:Gy1
そして、ついに魔法の言葉がきた。

(´・ω・`:)「ライン交換!?」
(´・ω・`:)「するする!!絶対する!!」
こうして僕と彼女はラインを交換した。
その後、ラインでもやりとりした。
彼女は神奈川県の本厚木と言うところに住んでいるそうだ。
僕も丁度神奈川に行きたいと思っていた事を伝えた。
『じゃあ、今夜夕飯食べにおいでよ。大したものはないけど、本厚木なら案内できるからw』
彼女のお誘いに僕は正直興奮した。
僕は二つ返事でyesと返した。

92:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:08:14 ID:Gy1
新宿から本厚木まで、小田急線という電車を使って約1時間位らしかった。
今の時間は14時半。
まだまだ夜まで時間がある。
せっかくなので、僕は本厚木と言う街に前乗りする事にしてみた。
カラオケ館をでて、新宿駅へと再び向かう。
(´・ω・`:)「それにしても、小田急線の乗り場どこだよ!」
人がごった返してる上に、看板が多すぎてどうすれば小田急線に乗れるのか全くわからなかった。
とりあえず、僕は都会の駅ごトラウマになりかけていた。

94:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:10:09 ID:3fk
ロマンスカーで一駅だっけ

95:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:23:32 ID:Gy1

(´・ω・`:)「ふぅ、取り敢えず無事に到着したな」
僕は雑踏を掻き分け、なんとか小田急線の改札口にたどり着いた。
小田急線小田原線、小田原行き。
どんだけ『小田』が付くんだよという感じだが、どうやら新宿が始発らしく席に座る事ができた。
(´・ω・`)「後はこのまま一本で本厚木に着くみたいだな」
1時間ほど時間がある。
できる事なら彼女とラインをしたかったのだが、どうも夜まで用事があるという事だった。
僕は仕方なく、ネットのニュースを漁っていた。

96:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:38:56 ID:Gy1

(´・ω・`)「ここが本厚木か」
小田急線本厚木駅前。
新宿に比べればだいぶこじんまりとした感じはするが、それでもそれなりに栄えていて活気を感じる町だった。
(´・ω・`)「さて、どうしたものか」
散策でもしようか?
でも暑い。
(´・ω・`)「どうせこの後、彼女が案内してくらるんなら、今は休んだほうがいいか」
そんな僕の目に映ったのは、漫画喫茶の看板だった。

98:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:46:28 ID:Gy1

取り敢えず漫画喫茶に入る。
女の店員が受付をしてくれた。
(´・ω・`)「それにしても汗をかいたなぁ……ん!」
僕はレジの傍に書いてある張り紙を見た。
そこには、隣のカプセルホテルの大浴場とこの漫画喫茶が提携しており、500円で利用できるというものだった。
(´・ω・`)「あの、このお風呂にはいりたいんですけど」
店員「あ、はい分かりました。それではいちど待ち受け番号を預かりますね!」
お風呂代を入ると、僕は早速隣のカプセルホテルへ行く事にした。

99:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:51:09 ID:Gy1
(´・ω・`)「何気にカプセルホテルって入るの初めてだな」
僕は受付からタオルなどの入ったバッグを受け取ると、早速浴場へ向かった。
(´・ω・`)「ここが大浴場か」
まぁ、大浴場と言うのはやや大げさな広さだが、それでもタオルや歯ブラシ、髭剃りまで付いて500円と考えれば全然安かった。
ぼくはシャワーで体を洗うと、お風呂に浸かった。
ザバーン
(´?ω?`)「はぁ……最高ダァ」
なんだか、初めて旅らしい事をしたなと思った。

100:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)00:52:51 ID:3fk
へえいいね
天然温泉ではなさそうだけど

101:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)01:11:20 ID:Gy1
※このスレは実際の場所や団体、サイト、アプリ等々を宣伝する訳でもありません。このスレの内容はあくまでフィクションであり実際に行った行為ではありません。ご了承下さい。ら

102:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)01:41:07 ID:Gy1
風呂から戻ると、僕は漫画喫茶の部屋に戻った。

最近はやりの、中国の大河漫画を読んどけど、リスグに読み飽きて僕はパソコンでエロ動画を見始めた。
動画に興奮しながら、僕はこの後会う女性の事を考えていた。
もしかしたら、もしかすると。
(´・ω・`)「今日で童貞ともおさらばできるかも…」
(´^ω^`)ニヤッ
もしそういう雰囲気になったら、相手をどうやって誘うのか。
童貞の頭で僕は必死に考えていた。

103:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)01:47:35 ID:Gy1
PM 18:50
彼女からの連絡はまだなかった。
(´・ω・`;)「もしかして騙されたのかな?」
丁度、僕がそんな疑念を抱いた直後だった。
(´・ω・`)「あ!ラインがきた」
彼女からのラインだった。
『待たせてごめんね。これから迎えに行くね!』
彼女は駅前は混んでわからなくなるからと、集合場所に餃子の王将前を指定してきた。
僕は餃子の王将をぐるナビで探すと、その店の前で彼女を待った。

105:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)01:56:55 ID:Gy1
(´・ω・`;)「あ、あの人かな?」
僕は近くを女性が通り過ぎる度に挙動不審になった。
とにかく、心拍数の上昇が半端じゃなかった。
だが、なかなか彼女は現れない。
(´・ω・`;)「待ちくたびれたな」
そんな時だった。
『高橋君?』
突如声をかけられた。
そこに居たのは、ギャルっぽい女性だった。
メチャクチャ可愛いという訳ではないが、可愛い部類には入るだろう。
ギャル系の女性となど今まで話した事もないので、僕はメチャクチャ緊張した。
彼女は僕に、あやなと名乗った。

106:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:05:26 ID:Gy1
あやな「高橋君めっちゃ可愛いんだけどw ほんとどストライクw」
(´・ω・`;)「あ、ありがとう」
彼女は実際に会っても積極的だった。
僕はもうされるがままだった。
あやな「今日はお姉さんが大人の世界を教えてあげるからw」
(´・ω・`;)「大人の世界…!」
僕のテンションは空を突き破ろうとしていた。
正直、ギャルっぽい人は苦手だったが、こちとら童貞なのでなりふり構ってはいられなかった。

108:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:06:34 ID:FXi
股間がふっくら

109:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:11:05 ID:CJx
わーお

110:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:12:29 ID:Gy1
(´・ω・`)……

(´・ω・`)「ここ、飲み屋さんですよね?」
あやな「そうだねw」
(´・ω・`;)「僕まだ19なんだけど平気かな…」
あやな「えっ?普通に大学入ったらみんな飲むでしょ?」
(´・ω・`;)「僕、あんまりそういうのいかないから…」
あやな「ほんと可愛いんだけどw」
とか言われながら、僕は半ば無理やり飲み屋に連れて行かれた。
※重ねて言いますがフィクションです。

114:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:20:20 ID:Gy1
あやな「ここ、お酒も料理も美味しいからオススメなんだ」
(´・ω・`)「そうなんだ…」
そうなんだ…、としか僕には言えなかった。
店員「お飲み物は何にしますか?」
あやな「私はキールで」
(´・ω・`)「僕はじゃあ、カルーアミルクで」
あやな「うけるwww」
(´・ω・`;)?

117:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:27:08 ID:Gy1
(´・ω・`:)……
僕はとにかく緊張していた。
何を話せばいいのかもわからなかった。
そんな僕に気を使ってか、あやなは僕に色々と話しかけてくれた。
趣味の話や、好きな女性のタイプ、大学生活の事などだ。
僕はとにかく、緊張感をれ和らげるために酒を飲みまくった。
それが諸悪の元凶だったと思う。
とにかく、メチャクチャに酔っ払ったのはなんとなく覚えてる。
そして、あやながタクシーを呼んだらしく、彼女の介助でタクシーに乗せられたのなんとなく覚えている。
ただそこから後の記憶がマジで無かった。

118:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:27:40 ID:FXi
パンツはいた

119:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:35:22 ID:Tvc
写真は自前?

120:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:50:42 ID:Gy1
目が覚めたら見知らぬベッドに寝ていたので心底びっくりした。
だが、それ以上にビビったのはあやなが同じベッドに寝ていた事だった。
あやな「あ、起きた?体調はどう?」
あやなは心配そうに僕の顔を見ていた。
(´・ω・`;)「頭痛い…。あと気持ち悪い」
あやな「それもう完全に二日酔いだねw」
そういうと、彼女はコップに水を入れて持ってきてくれた。

121:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)02:55:51 ID:Gy1
ここはどうやらあやなの住んでるアパートのようだった。
僕はそのままあやなのアパートで3時間ほど休んだ。
どうやらあやなはこれから仕事らしい。
どうも、チャットでは看護師と言っていたが、実際の仕事はキャバ嬢との事だった。
あやな「あー、あれねwいきなりキャバ嬢とか言ったら引かれると思ったからwww」
と、どうも、男ウケを狙っての嘘らしかった。
時間は17時を回っていた。これから仕事というのも大変だなと思った。

122:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)03:00:19 ID:Gy1
あやなの職場は本厚木駅の近くにあるらしく、出勤がてら僕を駅前まで案内してくれるという事だった。
アパートを出て駅に向かう途中、あやなが『ちっ』っと舌を鳴らした。
(´・ω・`)「どうしたの?」
僕がそう聞くと、あやなは物凄く嫌そうな顔をして親指で背後を指差した。
僕が振り向くと、路地の後ろ5mほどのところを30代くらいのいかつい体格の男が歩いていた。
(´・ω・`)「どうかしたの?」
あやな「あれ、元カレ」

123:名無しさん@おーぷん2016/08/06(土)03:08:57 ID:Gy1
(´・ω・`:) 「えっ!?」
僕の記憶では、元カレは確か既婚な上に暴力ふるってくる最低な奴だ。
あやな「あいつ最近ストーカーしてくるんだよ。ほんと気持ち悪いよね」
あやなはそう言うと辛そうな顔をしていた。
僕に何かできないか申し出たが、あやなは首を横に振った。
僕達は駅前で別れた。
あやな「まだ神奈川いるならまた一緒に遊ぼうねw」
(´・ω・`)「うん、ありがとう!」

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1470394412/

関連記事
  

お勧め

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリ

アクセスランキング

ブログパーツ