【驚愕】奇習! たったひとりの巨根男が村全体の人妻を孕ませる ― 巨根崇拝が生んだ奇妙な掟

  
1:坊主 ★2016/06/13(月) 23:21:30.24 ID:CAP_USER.net
引用元:TOCANA 2016.06.13
http://tocana.jp/2016/06/post_9937_entry.html
【日本奇習紀行シリーズ】群馬県北東部
 古くから立派な男性器を象った“ご神体”に、五穀豊穣や子孫繁栄の願いを込めて祀るという習慣は、日本各地で行われている。だが、そうした巨大男根への崇拝は、時として、行き過ぎた奇習を生み出してしまうものである。
「まあ、たしかに理に適ってるって言えば適ってるとは思うんですけどね。今にして思えば、正気とは思えない部分も大きいですよね」
 かつて自身の生まれ育った群馬県北東部の某地域に存在していたという、“巨大男根崇拝”に関する奇習についてそう語り始めたのは、同地で今なお農業を営んでいるという二階堂信義さん(仮名・73)。二階堂さんの話によると、かつてその地域では、巨大な男性器を持つ人物を神のように崇め奉り、彼の子種を村全体の女性が孕むように仕向けるという、なんとも信じがたい“子作り奇習”が行われていたという。
「要はね、モノが一番大きい男が、村全体の女を抱いて、子どもを作るという風習です。それで妊娠したら、それぞれの女が戸籍上の夫の子として育てていく。そういう決まりになっていました」
 そもそも独身の女性だけを対象としたものならばいざ知らず、その「巨根男」が交わるのは、なんと他家へと嫁いだ人妻ばかり。夫がいるにもかかわらず、その夫との交わりを禁じられた彼女たちは、第一子を身ごもり、無事に出産するまで、ひたすらその「巨根男」とだけ、セックスすることを強要され続けていたのだという。
「たぶんもともとは少しでも強い種を残したいというね、そういう思惑から生まれた風習なんでしょうけども、そればっかりやっていくと、二代目からは近親相姦が起きてしまうでしょう? だからね、やがては隣の村で一番大きなモノを持っている男を呼んできて、同じことをするんです。以後、それを繰り返すことで、ぎりぎりのところでね、血が濃くなりすぎるのを防ぎながら、組織的な子作りが行われてきたんですよ、あのあたりの村じゃ」
 ひとつの集落のみならず、近隣に点在する複数の集落が協力しあう形で続けられていたというこの「巨根男」による子作り。二階堂さんの証言を聞く限り、どうやら「血の濃さ」をコントロールするという最低限の配慮は行われていたようではあるが、無論、この風習によって生じるのは、そうしたトラブルだけではない。
「でもね、そういうことばっかりやってると、やっぱりみんながみんな“掟”というだけじゃ納得しないんです。なにせ本当の夫からすれば寝取られるのと同じわけですから。だからそうした鬱積した想いが爆発して、刃傷沙汰になることだってあった。けれども、そうやってモノの大きな男が殺されてしまっても、次に大きなモノを持った男が“昇格”するだけなので、何ひとつ、報われやしないのですが……」
 二階堂さんの話によると、風習に耐えかねて、夜逃げ同然に村を後にする者が増えたため、やがては自然消滅的になくなってしまったそうだ。しかし、少なくとも昭和40年代前半頃までは、当たり前のように行われていたという。そこから早いもので約半世紀。「巨根男」の遺伝子を継ぐ者たちが、その後、どのような人生を送って今に至るのか、なんとも気になるところである。
(取材・文=戸叶和男)
※イメージ画像:『巨根伝説(上)』
http://tocana.jp/images/0607kyokon_02.jpg

9:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:36:38.61 ID:0zmENzq6.net
横溝正史の小説かよ

11:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:42:47.90 ID:r8PyDX++.net
巨根の子孫は巨根未満なのか?隣村に巨根としてうまれた奴だけがハッピーやな

14:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:43:25.75 ID:Y1XMSebX.net
それで最後の巨根はいずこへ

15:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:44:17.27 ID:szx8f5AB.net
かかあ天下じゃなかったんですか!

16:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:44:41.21 ID:2cW42SXg.net
俺はそこに生まれたら人生バラ色だったな

18:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:49:12.79 ID:kOfkn53d.net
巨根なら、早くても良かったのか?

19:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:50:26.15 ID:hokOdTas.net
13cmじゃダメなんか(´・ω・`)

23:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:52:23.07 ID:U/PmZHSB.net
>>19 大きくなぁれ(^ω^)ペロペロ

20:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:50:33.87 ID:yViaL4TE.net
昭和って思ったより闇深いんだよ
昔はよかったとかって言うのは間違い
今のほうがいいよ

21:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:51:14.74 ID:Rt25+f9j.net
これはさすがにネタだろ

22:やまとななしこ2016/06/13(月) 23:52:03.28 ID:2GFi6sqb.net
誰も人間扱いされてない最悪なパターンじゃん

29:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:11:14.31 ID:SZe7fgKt.net
ちょっと群馬行ってくる。

30:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:11:40.66 ID:eQsv+TIJ.net
>>1
これ信憑性は何で担保できんの!?w

31:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:13:20.87 ID:YD0acU13.net
群馬は気性が荒いタイプが多いもんな インブリードが強かったんだろうなとは感じてた

32:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:14:19.37 ID:qdOZfXnr.net
遺伝子的に巨根の子供ばかり生まれるわけだから、つまりは群馬県には巨根村があるってこと?
理論的には、代々デカくなるだろ?
デカくなった子供たちよりデカいやつをまた呼んでくるわけだから。

37:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:25:45.88 ID:v/JyF3Dm.net
腹違いの兄弟村
あるわけねーだろw

38:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:25:57.83 ID:SqFhYApB.net
仮にまあ村の長老みたいなのがそう決めたとしてだ
誰がそんなの真面目にやろうとするんだって?w
不満鬱屈させて巨根男殺すより先に
先にそんなアホな事言い出した奴殺すわな

39:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:27:41.35 ID:HoQ6FoLS.net
いや、普通に殺し合いになるだろ

44:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:37:34.70 ID:+3oB1U2P.net
創作くせえw

46:やまとななしこ2016/06/14(火) 00:49:13.56 ID:jInpNkF3.net
ホンマー?

51:やまとななしこ2016/06/14(火) 01:00:19.93 ID:7Nq9Jjie.net
ぶっちゃけそんな地域なんてあるわけがないわけで
妄想もここまでくると立派ですな

53:やまとななしこ2016/06/14(火) 01:17:42.44 ID:SqFhYApB.net
夜這いなら分かる話
「お互い様」でどうせ自分もよその嫁にちょっかいかけるんだからな
でも一人が独占して他の男は出来ないとかありえん話だわ

58:やまとななしこ2016/06/14(火) 02:27:52.14 ID:iEFjmp4p.net
嘘だ
俺は群馬県北東部の生まれで、民俗学の末席にいる者だが、そのような話は存在
していない
群馬県北東部に残る双体地蔵や金精神の信仰を下敷きにして、どこかの馬鹿がひねり出した
下劣なネタだよ
「昭和40年代前半頃」
 ↑
せめて戦前くらいの話にしておけよ
土着の性風俗はまず明治維新後の倫理感の変容により衰退し、
第二次大戦後の社会的な変化を受けて消滅している

87:やまとななしこ2016/06/14(火) 06:51:17.66 ID:N3R47J6K.net
巨根の男の子は生まれるかも知れないけど、種として優秀かは定かでない。

134:やまとななしこ2016/06/14(火) 19:04:22.76 ID:2sg50k2z.net
何だかなぁ、
こんな感じの話をドラマでやってたね。
毎回超常現象が起きるという村がキチガイ風習なの。
阿部寛と仲間由紀恵のTRICKだっけ?

59:美ら海ペリカン文書2016/06/14(火) 02:28:16.92 ID:QcreHFlk.net
来週のトリックは『巨根村』
どうぞお楽しみに~(*^_^*)

91:やまとななしこ2016/06/14(火) 07:42:28.85 ID:18fU0Blr.net
>>59
それ見たい!
アニメでもいいから見たい!

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1465827690/

関連記事
  

お勧め

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリ

アクセスランキング

ブログパーツ