平日の昼間に銭湯行ったらホモおっさんに泣かせられた

  
1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:22:34 ID:1wV
今日はニートも外にでたくなるようなすごくいい天気で、ひっさびさに繁華街へ行ったんだ。

でも街はスーツのお兄さんとBBAばっかりで何にも楽しくなかった。

買い物しようもそんなにお金はないし、何しに街にでたんだろうと悲しくなって。

そこで思いついた。そうだ、銭湯にでも行こう、と。

この若干汗ばんだ身体ともやもやした心をスッキリさせよう、と。

持ち金が2000円あることを確認して、バスに乗って、銭湯についた。

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:23:26 ID:kem
なんか小説みたいで草

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:24:04 ID:ihG
トクさんか?

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:28:44 ID:1wV
平日の昼間ということもあってか、やっぱり人気はあまりなくて、

でも、若干わくわくしている自分がいた。

銭湯独特の匂いを嗅ぎながらカウンターでタオルとバスタオルを借り、男湯へ入っていった。

驚いた。

駐車場もあいていたし、カウンタールームも人気がなかったのに、

仕事はどうしたのか、おじさんとおじいさんでロッカールームが埋め尽くされている。

まぁこんなものかと、たくさんのおじさんたちを横目にロッカーの奥まで進み、服を脱いだ。

5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:33:07 ID:1wV
シャワーで髪を軽く流し、身体洗いもそこそこに、掛け湯を浴びて、

おじさんだらけの大浴場に入った。

気持ちいぃ。入った瞬間、なんだか身体がとても軽くなった気がした。

浮力かな?なんてぼーっとしながら目を閉じた。

身体がかるーく浮いて、なんだか透明人間になったような感覚のまま10分ほど浸かっていた。

大浴場→サウナ→露天風呂→炭酸温泉→大浴場。銭湯にいったら順番はいつもこうと決めていた。

大浴場をあがり、サウナに入った。

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:35:38 ID:jYd

vipでやれ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:36:57 ID:vPr
自分語りホモスレは許されるという風潮

ええんやで

8: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:37:23 ID:J6c
ハラデイ

9: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:37:58 ID:1wV
サウナに入ると、なんとここもおじさんとおじいさんでいっぱいだ。

平日の昼間はいつもこんな感じなのか…と驚きながら、座る場所を探した。

一番奥、右端が空いている。

もやもやした蒸気を振り払いおじさんの横を抜けて静かに座った。

テレビは野球の再放送をやっていた。いつもは大好きな野球だけど、今はどうでもよかった。

タオルで股間を隠し、ただただまた目を瞑って、流れる汗を楽しんでいた。

10: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:38:33 ID:vIY
乳首感じるんでしたよね?

11: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:44:22 ID:1wV
そんなに経っていない。

なんかさっきより暑いな。と思って、目をあけるとさらに人数が増えて、足の踏み場もなくなっていた。

おっさんの左阪神が自分の右半身を押す。

狭いのは正直嫌いだ。平日のサウナはもうだめだなぁと思って、さっさとあがろうとしたが、

人で前の段の足の踏み場がなくなっていたため、少しだけ、と我慢した。

この我慢が鍵だった。そのとき、無理やりにでも出ようと思えばいつでも出れたのに。

12: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:45:07 ID:vIY
>>おっさんの左阪神が自分の右半身を押す。
左阪神で草
新しい球団かな?

15: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:46:20 ID:mBm
>>14
おとといから(48)だぞ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:49:14 ID:ihG
まーた金本の蔑称が増えてしまったのか

19: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:49:28 ID:1wV
ぐいぐいくる。右のおっさん。

自分はそんなにひょろい方じゃないが、だいぶ押されていた。辛い。

あぁ早くでたいと思いながらも目を閉じじっと我慢していた。

異変に気付いたのは5分ほど後。

背中を流れる汗だと感じていたのは、実はおっさんが背中をなぞる指だった。

暑いのに、背筋が凍った。

知らない人と話すのが苦手だったので、何も言えず、ただ強く目を閉じて丸まっていた。

20: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:49:45 ID:79R
ヒェッ・・・

21: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:50:08 ID:vIY
金本はなぜ左翼なのか

24: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:54:42 ID:fb3
掘られろ

25: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:55:30 ID:1wV
抵抗しなければ、エスカレートする。

細い線のような撫で方から厚くてごわごわした手で、まるであかすりのように強い撫で方に変わっていた。

びっくりすることがあると、ついつい声がでてしまう自分は、必死に手で口を覆い、我慢した。

抵抗しなければ、当然エスカレートする。

肩を抱かれた。誰も気づかない。

強く身体を密着させる。怖い。けどもう身体がこわばってどうしようもできない。

おっさんは脇から手をスルリとかいくぐらせると、左乳首をつまんだ。

声がちょっとだけ漏れた。

26: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)15:56:00 ID:9eL
なんやこの文章力

28: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)16:00:46 ID:1wV
人から乳首なんて触られたことはない。

「っあぁ」なんて変な声が漏れた。

気づかれない。いや、気づかれているのか。わからない。

どうでもいい。怖い。逃げたい。

左乳首を触るおっさんの手は、意外にも優しかった。

まるくなでたり、こりこりしたり。軽くつまんだり。

おっさんから繰り出されるテクニックは、超一流だった。

正直感じた。

感じている自分と逃げ出したい自分。

複雑な感情のまま、気づいたら我慢汁を垂らしていた。

31: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)16:02:06 ID:fb3
官能小説かな?

33: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)16:03:12 ID:U4F
ホモは文豪

37: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)16:11:32 ID:2r1
どうしてホモの書く文章は読みやすいのか

52: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)16:40:19 ID:1wV
止まらない。おかしい。おかしい。

びくんびくんと跳ねる身体を抑えることはできない。

おっさんと自分の汗と精子が絡み、どろっどろのタオルの中で、まだ摩擦のない刺激は止まらない。

意識が飛びそうだ。死んでしまう。

背中のゾクゾクが永続的に続く。苦しいのに、身体が喜んでる。

気持ちいいとかそんなんじゃなく、もう訳がわからない。涙か汗かわからない。

イっているのかどうか自分でもわからない。腰は嬉しそうに跳ねる。

瞬間、身体に溜まった液体がすべて放出されそうな感覚が身体を襲った。

62: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:10:24 ID:1wV
気が付くと、病院にいた。

母が喜び、医者が慌てた。

どうやってここに来たのか、どうして来たのか。一瞬整理がつかなかった。

そうだ

と思ってあたりを見渡すが、あのおっさんの姿は、そこにはなかった。

身体はだるく、軽く身体を起こすので精いっぱいだった。

たぶんおっさんが助けてくれたんだろう。

もう会うことはないのだろう。お礼も言えないのだろう。

一度も咥えることがなく。一生気持ちよさも共有できないのだろう。

気づいたら、また泣いていた。

あの時の粘り気はなく、さらさらの涙だった。

63: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:11:39 ID:9eL
なんでワイ泣いとるんや

64: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:12:06 ID:cbW
堕ちた…な…

65: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:14:13 ID:QiA
たまげたなあ

70: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:44:30 ID:JWh
おっさんも楽しめたやろうし綺麗なwin-win

71: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:47:50 ID:beF
素晴らしい

72: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)17:49:03 ID:bJJ
今日サウナ行ったらなんかイカ臭かったんやけどまさかね…

73: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)18:54:16 ID:4jL
映画化決定

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1459837354/

関連記事
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリ

アクセスランキング

このページのトップへ
ブログパーツ