【鬼畜】「事件は反省してない」楽しんご、舞台主演で完全復活宣言wwwwwwww

  
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:20:25.95 ID:CAP_USER*.net
「ドドスコスコスコ」「ラブ注入」などのギャグと独特のキャラクターで一世を風靡したタレントの楽しんご。
2013年に元付き人への暴行事件が報道されて以降、表舞台から遠ざかっていたが、
今月1月8~17日まで東京・中野の劇場ザ・ポケットで公演される舞台『VIVID CONTACT 2-re:born-』に主役の一人として出演する。
「タイトルのように、この舞台はまさに僕にとって生まれ変わる大きな節目になる」と再起をかける楽しんごに、
事件報道で一転した生活、そして舞台への意気込みなどを赤裸々に語ってもらった。

――ブレイク時代から一転して、事件報道で生活が大きく変わってしまったようですね。

楽しんご 事件のことは、もうまったく問題ないです。普通だったら問題にもならないようなことだったので、
警察からも「事件にもならないから、いい加減早く終わらせて」と言われましたし、もう1年以上前に解決しています。
昨年9月にフジテレビ系で放送された『芸能界PTA~わけあり芸能人の親大集合スペシャル~』でも当時のことをありのままに話しましたが、自殺未遂したこともありました。
事件の後に街で子供が「楽しんごちゃんだー」と駆け寄ってきたのですが、そのお母さんが「近付いちゃダメ!」と言っていたのが、本当につらかったですね。

周囲が手のひらを返すことは僕もわかっていましたが、「なるほど。こういうことなんだな」と。今まで通りの付き合いをしてくれたのは、2、3人しかいませんでした。
そんななかで支えになったのは家族です。本当にお父さんとお母さんに感謝しています。

――本業のマッサージ業は順調のようですが、それでも芸能界で活動したいと思うのはなぜですか。

楽しんご トークだけでなく、歌も芝居も好きな僕にとって、芸能界はすごく合っているんですよ。
自分のやる気次第で何万人もの人が見てくれるわけです。
一回テレビに出て、あの味を知ってしまうと、やはり忘れられないですよ。

事件があった後、もういいやと思ったこともあったのですが、今でも街を歩いていると
「楽しんごちゃーん」と声を掛けられますし、やっぱりうれしいんですよね。

http://dailynewsonline.jp/article/1068376/
ビジネスジャーナル 2016.01.05 07:03

no title

13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:28:04.70 ID:0vEgED9HO.net
>>1
なげーよ
いつまで続くんだよ
途中で読むのやめたからいいけど

2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:20:56.55 ID:LTp0iV3x0.net
うんこ

3: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:21:27.49 ID:CAP_USER*.net
僕はマスクをつけたり変装するのが嫌いで、いつもこのままの姿なので、どこへ行っても「撮影ですか?」「がんばってください」と言われるんですよ。
でも仕事じゃないのが恥ずかしくて、「そうなんです。ロケでーす」って返すんですけど(笑)。
やはり「がんばってます!」と胸を張って言いたい。きちんと活動して、みんなに認められたいんです。

事件後は一時期、芸能の収入はゼロになりましたが、整体の仕事は順調で、先日も大阪に21店舗目をオープンさせました。
テレビに出ていなくても、マッサージ業がこれだけ繁盛しているのは、100%の技術と気持ちで向き合って、
お客様の体だけでなく心にも、陰を陽に変えるプラスを注入できているからだと思います。

――最近はどのような活動をされているのでしょうか。

楽しんご 今年は、「ラブ注入」は使いません。もう大嫌いなんですよ。
当時はものすごく楽しかったですが、あんなに流行るとは思っていなかったので内心では焦っていました。
実はもともと他人が使っていたフレーズですしね。
今は「ラッスンドドスコ」という新しいギャグがあるんです。これも、「8.6パーセント男です!」という8.6秒バズーカーさんのパクリですけどね(笑)。
そのほかにも、去年はYouTubeさんの「口パク選手権」で優勝しましたし、西野カナさんの『トリセツ』のパロディミュージックである
『オネェ人トリセツ』を配信しています。もう、誰かを踏み台にしないと上にあがれないんです。

●役者活動への思い入れ

――役者としての活動にも深い思い入れがあるようですね。

楽しんご 10代の頃からやっている整体の宣伝のつもりで、素人時代にテレビ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演したことがきっかけで
タレントとしてテレビに出るようになりましたが、もともとは役者志望だったんですよ。
寺山修司や松本清張、横溝正史の世界が大好きで、昔は文学座に応募書類を送ったこともありましたし、
一日に何時間も、時には6時間くらい演技の稽古をしていました。
それでVシネマなどにも出演するようになったのですが、役柄は北朝鮮のサイボーグ役とかばかりでしたね。

4: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:22:19.71 ID:CAP_USER*.net
今回の舞台『VIVID~』では、“てんてん”という名前の跳ねっかえりのギャル役を演じますが、
僕は高校生のころから女装をしていたので、オファーが来たときはめちゃくちゃうれしかったですよ。
ちゃんと僕のことを見て、キャスティングしてくれる人がいるんだと。

――女装をし始めたきっかけは、どんな出来事だったのですか。

楽しんご 最近はセクシャルマイノリティーの講演活動もしているのですが、僕は性同一性障害ではなく、
もともとは普通に女の子が好きで、子供の頃は女性の格好をしたいなんて思ったことはなかったんです。
でも、中学1年生の時に先輩に襲われて、ゲイに目覚めちゃったんです。

そうしたことがあって変わってしまったので、中学時代はひどくいじめられました。
だから高校は女子が多い服飾科に進んで、女装して通っていました。
僕は女装すると釈由美子さんみたいになるんですよ! 21、22歳の頃には五反田のキャバクラで女装して働いていて、3カ月間トップになったこともありました。
お店の女の子たちはみんな知っていましたが、店員には僕が男だというのは内緒でした。
でも、3カ月目に同級生がお客として店にきて、「しんご、お前何やってんだ」とついに店にバレて、クビになっちゃったんですよね。

それでも、高校卒業後は3年間ちゃんと石油会社に勤めて、ドラム缶のなかの不純物検査をしていました。
そのあとは、キャバクラやバーで働いたり、テレクラのアルバイトをしたこともありました。
こんな感じになっちゃったので、とにかくいろんな世界を見て、自分を試したかったんですよね。

●「もう僕には山しかない」

――今回の舞台『VIVID ~』は、そうしたご経験をされているからこそ演じられる役柄ですね。

楽しんご 物語は、深夜の東京・新宿を舞台に、ホテルのロビーに集まった行く当てのない人々の、一晩のふれあいを描いた会話劇です。
僕が演じる“てんてん”という女の子は、突っ張って、なんでも人にかみつく性格だから、他人に受け入れられない。
でも、人と絡みたくて、寂しさや満たされないものを抱えている。僕が女装をしていた時と境遇が似ているので、すごく自分と重なります。

6: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:23:02.55 ID:CAP_USER*.net
この舞台の稽古を始めてから、本当に毎日が楽しくてしょうがないんです。
共演の皆さんのエネルギーもすごくて、その波動に引き寄せられています。

――事件があったから、さらに人間として深みが増した部分もあるのでは。

楽しんご 「必要な経験だった」「反省しています」と建前で言ったこともありましたが、まったく必要のない出来事だったし、反省もしていません。
だって恥じるところがないですからね。僕たち世代が子供の頃は、学校の先生に叩かれることもあったけど、それは信頼関係だし、愛情表現だった。
それを写真に撮ってさらしたり、すぐに訴えたりするのはおかしいと思います。最近は些細なことでバッシングする傾向がありますよね。
ネットニュースのコメント欄を見るとひどいですね。僕に対してだけでなく、他の人に対してもひどい。
あいつ嫌いとか、気持ち悪い、死ねとかのコメントばかり。そういう発言をするなら、自分の身元を明かして実名をさらせと思う。

メディアもそういう一部のコメントを拾って批判することで責任から逃れていると思います。
僕なんか、顔だけじゃなく、すべてをさらけだしていますからね。毎日のように発信しているTwitterでも本音トークなので、
一般の人とケンカすることもありますが、それでわかり合えて、仲良くなることも多いですから。僕は言いたいことを言い続けたい。

――裏表のない姿に共感する人も少なくないと思います。今後はどのような活動をしていきたいですか。

楽しんご すべてをさらけ出すという意味では、今年はヌード写真集を出す予定です。
とにかく明るい安村さんみたいなポーズで、「安心してください、履いてませんよ」と(笑)。
あと、ほかにも舞台に出演する予定なので、お芝居に力を入れたいです。

11年に僕の半生を綴った自叙伝『泥だらけの制服』を出版しましたが、いつかそれを舞台化するのが夢なんです。
演劇だけでなく歌もやりたいし、タレントとしてマルチに活動したい。
マッサージ業ももっと大きくしたい。
人生山あり谷ありというのは、昭和の古い考え方だと思っています。もう僕には山しかない、まっすぐに上がっていくだけです。

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:24:16.65 ID:POYqMc1t0.net
やられた側が気にしてないと言うならともかく
やった側がもう問題ないですって
本当に舐めてんだな

57: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 08:08:12.00 ID:A+N171/Z0.net
>>8で終わってた

10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:25:51.37 ID:hCM+3Zp9O.net
クズ中のクズ

11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:27:26.99 ID:QN1mCM6K0.net
こいつ見るとやっぱりゲイってキモいなって生理的に訴えてくるよね

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:28:02.95 ID:qGNXPvx10.net
自分からしたら映った瞬間にチャンネル替える奴が1人減っただけ

15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:29:53.24 ID:Klf7bgCS0.net
ラブ注入はこれからひと稼ぎってタイミングで震災だったよな

18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:30:41.15 ID:ASeF0mZ80.net
楽しんご 「必要な経験だった」「反省しています」と建前で言ったこともありましたが、まったく必要のない出来事だったし、反省もしていません。
だって恥じるところがないですからね。僕たち世代が子供の頃は、学校の先生に叩かれることもあったけど、それは信頼関係だし、愛情表現だった。
それを写真に撮ってさらしたり、すぐに訴えたりするのはおかしいと思います。最近は些細なことでバッシングする傾向がありますよね。

加害者が何言ってんの?信頼関係なんてないだろ

20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 07:32:28.14 ID:l8eCDQaR0.net
>>18
まったくだ
おかしいな

70: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 08:38:10.40 ID:WgQHydx40.net
>>18
完全にキチガイだな

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451946025/

関連記事
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリ

アクセスランキング

ブログパーツ