8世紀に親切なインド人が来日して日本各地を巡り綿花の栽培方法を教えてくれたのに1年で栽培方法分からなくなった日本人

  
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:15:14.94 0.net
8世紀にインド人が綿花を持って日本にやってきて日本各地を巡り栽培方法教えてくれたのにどこも定着せず1年で日本から綿花は途絶えた
その後日本は朝鮮や明から綿を輸入するしかなくて日本では綿はずっと高級品だった
16世紀以降になってようやく日本でも綿花の栽培を自分たちでやり始めた

27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:55:22.12 0.net
イギリス人が考えていた綿花
no title

2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:16:25.19 0.net
奈良時代か

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:16:57.73 0.net
土人には地道に何回も教えていくしかない

4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:18:40.13 0.net
言葉通じたの?

5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:18:47.00 0.net
ジャップは知恵遅れだから

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:19:06.36 0.net
奈良時代は貴族は権力闘争に明け暮れ、庶民は重税や軍役でこき使われまったくひどい時代だ

7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:21:14.28 0.net
その日本が明治になり世界最大の綿布の輸出量を誇るようになるから面白い

16: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:41:11.82 0.net
>>7
絹じゃなくてか

8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:33:07.54 0.net
食えないもの作ってる場合じゃなかったんだよ

9: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:34:16.89 0.net
日本は麻の国だよ

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:34:29.25 0.net
1ヶ箇所で3年ぐらい教えてくれたらよかったのに
ってかインド人も日本で栽培するノウハウを持ってなかったんだろ?気候風土違うだろうし

11: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:35:04.33 0.net
その明治に綿花は100ぱー輸入に逆戻り

12: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:37:06.82 0.net
一年で途切れたんなら当時の技術で栽培に失敗したんじゃないの?

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:39:04.81 0.net
中国に伝わったのは晩唐北宋の時代
朝鮮は14世紀に国禁を犯して中国からこっそり種を盗んで定着した

14: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:40:01.75 0.net
そういやこないだジャガイモが盗まれたのとほぼ同じタイミングで
南朝鮮が新種発表してたっけな

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:40:21.21 0.net
今の綿花の自給率はほぼないらしいな

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:42:58.95 0.net
インド中東メキシコあたりは紀元前から栽培技術持ってたけどそれ以外の地域はだいたい中世になってからだよ
北ヨーロッパも日本も辺境の地だったから

18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:43:50.38 0.net
こっちゃ調で麻布納めなきゃなんねえんだよ綿?何それ

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:46:01.00 0.net
日本SUGEEEEEE番組見てホルホルしてるバカどもに教えたいな

20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:46:20.26 0.net
綿がないなら絹を着ればいいじゃない

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:46:26.35 0.net
稲作も一度東南アジアから入ってきたけど定着しなかった
のちに朝鮮半島経由で入ってきてやっと定着した
化石を調べたら二種類の伝播経路が分かるらしい

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:51:51.21 0.net
>>21
それは無理
稲の北限が朝鮮半島にまで上がったのはかなり近代
日本でも東北地方とかで米の生産が出来る様になるまで時間が掛かった
南方系のものは中々難しい
後水田を作るのに用水が必要だけどそこで活躍するのが水車
水車に関しては朝鮮半島では本当に近代まで作れなかった

52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 07:16:24.37 0.net
>>24
稲作の伝播経路には4説(広く考える場合は6説)あるが
一番可能性が高いのはこれということで現代の教科書はこれに従っている

なお弥生時代の東北からも
稲の化石は見つかっている(ゴッドハンドとは無関係)

現代のように一つの苗で大量に取れる
水耕栽培型を品種改良したものをイメージしての北限を
基準にしてはいけない

昔の米は今のとは種類が違い土耕だったんだよ

22: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:48:12.62 0.net
朝から綿の話すんなよボケ

23: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:50:59.39 0.net
気候風土が違えば定着しないのは当たり前

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 06:52:06.71 0.net
中国で一回温帯仕様にしてもらわないと日本も朝鮮も栽培できなかったわけね

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1443647714/

関連記事
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリ

アクセスランキング

ブログパーツ